知的障がいとは、精神遅滞とも表される、知的発達の障がいです。知的障がいの診断は医療機関や地域によって異なりますが、一般的には知的機能や適応機能(日常生活能力、社会生活能力、社会的適応性などの能力を測る指数)に基づいて判断され、「軽度」「中度」「重度」「最重度」の4つの等級に分かれます。

18歳未満は、「児童福祉法」に基づいて知的能力、生活能力、就学能力などを総合的に判断し、知的障がいの判定を行います。
18歳を過ぎた人に対しては、「知的障がい者福祉法」に基づいて、知能機能、成育歴、生活能力、就業能力などを総合的に判断して知的障がいの判定を行っています。

厚生労働省の定義

「知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)に現れる、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別援助を必要とする状態にあるもの」とされています。

知的障がいの程度

最重度

おおむねIQ20以下
言葉が発達することはほぼなく、叫び声を出す程度です。身の回りの処理は全てできず、親を区別して認識することが難しいこともあります。

重度

おおむねIQ20~35 
言語・運動機能の発達が遅く、学習面ではひらがなの読み書き程度に留まります。情緒の発達が未熟で、衣食住には保護や介助が必要になる場合もあります。

中度

おおむねIQ35~50 
言語発達や運動能力の遅れがあります。 身辺自立は部分的にはできますが、全てをこなすことは困難です。

軽度

おおむねIQ50~70 
食事や衣服着脱、排せつなどの日常生活スキルには支障がありません。

原因

知的障がいの原因は詳細な検査を行なっても特定されないことが少なくありませんが、染色体異常、母体内感染症、代謝疾患などが原因で起こることがあります。知的障がいを引き起こす代表的な原因は以下のとおりです。

  • ダウン症候群や脆弱X症候群など染色体異常に関連したもの、フェニルケトン尿症などの代謝性疾患、脳機能の先天的疾患
  • 妊娠中にかかった風疹や梅毒による「TORCH症候群」、妊娠中に摂取したアルコールや薬物
  • 出産時の酸素不足や脳への圧迫などの事故、生後の高熱による後遺症、鉛や水銀にさらされて起こる健康障がい 
  • 脳が発達する乳幼児期に、養育者による虐待や育児放棄 など

このように、知的障がいの原因はさまざまです。「知的障がいは遺伝するの?」という疑問を持たれる方もいますが、全てが遺伝的要因ではありません。親が知的障がいだからといって、子どもも知的障がいになるとは限りません。

主な特徴

記憶量が少ない

記憶していられる量が少なく、一度に複数のことを伝えても一部のことしか覚えていなかったり、長時間記憶しておくことがむずかしかったりします。

理解力が乏しい

目に見えないことや抽象的なことを理解することが苦手な場合もあります。
また、言葉は話せても相手の質問が理解できず質問に答えられないこともあります。

行動に時間がかかる

運動発達の遅れから手先が不器用な子どもも多く、着替えや食事に時間がかかり日常生活が困難をきたすこともあります。

コミュニケーションが難しい

会話する能力や言語は年齢相応に期待されるよりも未熟で、コミュニケーションが難しい傾向があります。相手の話を正確に理解することが難しい可能性があります。

 

専門機関へ相談

言葉の習得、運動能力の遅れなど気になることがあったり、子どもの知的障がいを疑うことがあれば、専門機関に相談しましょう。少しでも早く気づき、その子にあった生活環境の整備や接し方を工夫することが大切です。まずは、無料の専門機関に相談されることをおススメします。

相談先は下記をご参照ください。

https://kalmiasalon.com/moshikasite/

まとめ

言語習得が幾分遅れるものの適切な教育をうけることで、多くの場合は、日常生活に必要な会話や行動を行うことが可能です。成人してから仕事に就いたり、結婚し、家族を持ったりする人もいます。学校での勉強はうまくできないとしても、自身の能力を発揮し社会で活躍している人が多くいます。一人ひとりの個性を最大限に活かしたアプローチをしていきましょう。